• Ja
  • En

デジタルクリエイティビティ

村上 知紀 / Tomonori Murakami
ソリューション本部 ディレクター

Vol. 04 デジタルキャンペーンのPDCAについて

17.
デジタルキャンペーンでは、基本的には、提供したユーザー体験の反応をデータで逐一取得できるので、実際に、ユーザーがどのように行動したかについて、行動データを使いながら効果を測るというアプローチを取ります。例えば、ウェブ解析、アプリ解析、ソーシャルメディア解析、広告効果分析、アトリビューション分析、データベースのデータを使ったデータ解析、販売データ分析といった分野です。ビッグデータというトレンドもあります。PDCA運用という名称で、そうしたデータ解析を行いながらユーザー体験を改善することは、既に一般的なものとなっています。
18.
デジタルキャンペーンでは、ゴーイングコンサーン=終わりがありません。もちろん対象ユーザーに提供するためには、品質は一定水準満たしている必要はありますが、1ピクセルの単位で品質にこだわるよりも、早めにリリースして、データや生の声でフィードバックを得ながら、修正を繰り返しユーザー体験を改善していく方がもっと重要です。
19.
デジタルキャンペーンの目的は、「ユーザーとブランドの間にコネクションを作り出すこと」です。別の言葉で言えば、ユーザーとブランドをつなげること、そのつながりを強めることが、その目的となります。ユーザーとブランドの間にコネクションができるということ、ユーザーとブランドがつながるということは、人と人の間に恋や愛が生まれるのと同じような過程をたどります。
20.
現在のデジタルプラットフォームを使ったキャンペーン活動は、あらゆる点で分断しているように見えます。こうしたありとあらゆるものが分断している結果、いくらデジタルプラットフォームを活用したキャンペーンを行っても、ユーザーとブランドが分断されているのが現状ではないでしょうか?
21.
現場的で、実験的で、統合的で、非直線的なアプローチが、デジタルキャンペーンを貫くアプローチです。これは、いわば一つの銅像をチームで作るようなものだと思います。完成された銅像のイメージをチームで共有した後、それぞれのメンバーが自分の役割にしたがって作業をします。少しできたら持ち場を離れて客観的に俯瞰し、気になるところが見つかれば更にまた深く作業する。こうした、実際の手を使った作業の繰り返しで段々と形になってきます。出来上がったら、その銅像が動いてスタスタと歩きだすように、バランスを見ながら形を整えていきます。
  • Ja
  • En

DIGITAL CREATIVITY

Tomonori Murakami
Director, Frontage Solutions Headquarters

Vol. 04 PDCA in the Digital Campaign

17.
Digital campaigns provide detailed data about the response to our user experience. The basic approach in practice is to measure results using action data to determine how users reacted. This can be done in many ways, from web analytics, app analysis, social media analysis, advertising effectiveness, attribution analysis, analysis using data from a database, to sales data analysis. And then there is also the trend toward big data. Such kinds of data analysis are already commonly used to improve the user experience, in the process we call PDCA.
18.
In a digital campaign, a going concern does not mean you are finished. Of course, it is necessary to ensure quality meets the level required to satisfy your target users but, rather than obsessing with pixel-level quality, it is more important for improving the user experience to make rapid releases, quickly revising these based on feedback from both data and live user responses.
19.
The objective of a digital campaign is to create a connection between user and brand. Another way to express this is that we form and strengthen links between user and brand. We can think of the process of forming these connections and links as analogous to the way attraction and then love develop between two people.
20.
Currently, campaigns using current digital platforms generally seem to consist of many separate, fragmented activities. This fragmented approach wastes the key advantage of the digital platform, which is to provide an effective, integrated bridge connecting users and brands.
21.
A non-linear approach that is both hands-on, experimental and integrated is what we need for digital campaigns. Think of a team of sculptors working together to create a statue. They start by agreeing on a common image of how the completed statue is meant to look, and then work separately on their individual parts. After some progress has been made, they stand back and examine what they have done objectively. If something is not going right, they pay deeper attention to that aspect. The work gradually takes shape as they repeat this process, concentrating always on maintaining the overall balance. And then there comes a point where suddenly it’s finished – the statue seems to come to life, to be about to step off its pedestal.

デジタルクリエイティビティ
Digital Creativity

Back To Top

FRONTAGE

株式会社 フロンテッジ

〒105-0003

東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル

Google Maps Download PDF

T. 03-3596-0300
F. 03-3596-0359

FRONTAGE INC.

Meisan Nishi-Shimbashi Bldg,
1-18-17, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo
Japan 105-0003

T. +81 3-3596-0300
F. +81 3-3596-0359