• Ja
  • En

デジタルクリエイティビティ

村上 知紀 / Tomonori Murakami
ソリューション本部 ディレクター

Vol. 10 シナリオシンキングとソーシャルシナリオ。

42.
「シナリオシンキング」は、行動思考であり仮説思考です。起点となるユーザーの動機や目的、提供する場やツールやリソース、ユーザーゴールを考えた場合に、実際に、どのようにユーザーは行動するのだろうか?それを実現するために、何をどのように提供したらよいのか?ということを考えて、仮説を立てます。すなわち、ユーザーの入口から出口までの行動の演出プランを考えます。その考え方自体をシナリオシンキングと呼びます。
43.
デジタルキャンペーンにおいて、特にユーザーの参加や体験を促す企画の中で、大事な観点はモチベーション設計です。 インパクトのある企画を思いつくのは簡単ですが、なぜ、ユーザーは参加しようと思うのか、なぜ他のユーザーはアップされた情報を見たいと思うのか、なぜ共有したいと思うのか、ユーザーの気持ちになりきって、シミュレーションをしてみないと本当にユーザーが動いてくれるかどうかわかりません。 安易にユーザー参加型企画を実施してみても、まったく人が集まらないという事態になってしまうこともよくあることです。
44.
プラットフォームの要件を満たし自動的に価値がまして、他のユーザーの参加を促すような道筋をソーシャルシナリオと呼びましょう。ソーシャルシナリオは、4つに分けて考えるといいでしょう。1.「ユーザーが知る」2.「ユーザーが利用する」3.「ユーザーがアクションする」4.「プレゼンスの拡大」です。それぞれが、連続的に自動走行させるようなシナリオを考えます。
45.
ソーシャルシナリオは、当然ながら外部のソーシャルプラットフォーム(ブログやSNSなど)を利用することも考えられます。影響力を持ちWeb上での情報波及の基点となるようなオピニオンリーダーや情報先端層、メディアに向けてコアな情報を投下し、口コミで、波紋のようにそのフォロワー層、更に一般層にまで広げていくパターンです。通常ソーシャルプラットフォームには、自動回転の仕組み自体が備わっているので、自社のプラットフォームを活用する時と同じようにそれがうまく回るような環境作りが、中心的な検討課題になります。
46.
時間軸で見てどのような順番で何を提供したらよいか、そのような順番で何を体験してもらうか、コミュニケーションのツールはいつ提供したらよいか、ソーシャルプラットフォームはどれくらいの期間使ったらよいのか、動画などのリソースはいつ提供したらよいのか。そしてそれらをどのように組み合わせて提供したら効果的なブランド体験になるのか、といったことを検討しなくてはいけません。
  • Ja
  • En

DIGITAL CREATIVITY

Tomonori Murakami
Director, Frontage Solutions Headquarters

Vol. 10 Scenario Thinking and Social Scenarios

42.
Scenario thinking is a method for analyzing hypothetical behaviors. In our case, after we have considered user initial motivation and intentions, the tools, resources and space that we provide, and user goals, it allows us to examine the question of how users will behave in reality. We can create a hypothesis that will help us understand what we should provide, and how. In other words, we are thinking up a plan to direct the user’s actions from the beginning to the end of the interaction. This is what we mean by scenario thinking.
43.
In a digital campaign, especially as we plan how to stimulate user participation and experience, the important viewpoint is that of motivational design. It’s easy to come up with a project that has impact. But we will not be able to understand whether it will cause users to act or not unless we perform simulations that will give us a full understanding of what users feel – why they might think about taking part, why other users might want to view their uploaded content, why they might want to share this content. If you simply go ahead and implement a user participation type project without such planning, the reality will often be that no users actually participate.
44.
Let’s define a social scenario as a path that satisfies the requirements of the platform, automatically adding value while also encouraging other users to take part. A social scenario can be thought of as having four stages. 1: The user understands it. 2: The user implements it. 3: The user takes action. 4: Result: an expanded presence. We can think of this as a continuously auto-executing scenario.
45.
Naturally, we can also use external social platforms such as blogs and SNS for social scenarios. . To ensure the widest and most influential spread of our message on the web, we start with core information aimed at opinion leaders, early adopters and the media. This ripples out by word of mouth in an expanding circle to their followers, finally reaching the general public. Most social platforms are organized to allow this to happen automatically, so the key issue you need to study is how to construct an environment that will ensure it works as smoothly as when using your own corporate platform.
46.
These are the essential points needing study. What do we need to supply, and in what sequence? What should the user experience in that sequence? When should we provide communication tools? How long should we use a social platform for? When is it best to provide resources such as video? And how should we combine all these factors to provide an effective brand experience?

デジタルクリエイティビティ
Digital Creativity

Back To Top

FRONTAGE

株式会社 フロンテッジ

〒105-0003

東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル

Google Maps Download PDF

T. 03-3596-0300
F. 03-3596-0359

FRONTAGE INC.

Meisan Nishi-Shimbashi Bldg,
1-18-17, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo
Japan 105-0003

T. +81 3-3596-0300
F. +81 3-3596-0359