• Ja
  • En

デジタルクリエイティビティ

村上 知紀 / Tomonori Murakami
ソリューション本部 ディレクター

Vol. 11 データによる課題の発見と、あたらしいチーム体制。

47.
データは常に公平であるから、主観的な意見を排することができます。その結果、声が大きい人の意見に引っ張られたり、間違った主観的な意見に左右されたりしないので、正しい意志決定がしやすく、 更には、チームを一つにすることができます。データで課題が誰の目で見ても明らかになることによって、じゃあこのように修正しよう、という機運が生まれやすくなり、プロジェクトの目的やゴールと同じ位置づけでみんなを同じ方向を向かせるというメリットがあるのです。
48.
データを元に、俊敏に改善をして効果を高めてくことをアジャイル運用と呼びます。その第一歩は、KPIを設定することです。 KPIは、成功を測る指標のことですが、 ユーザーゴールを達成するかをチェックするために設定する指標のこととなります。ユーザーゴールに導くためのシナリオは仮説です。仮にこのように動くであろうというあたりをつけて、 アウトプットを作った後にそれを随時検証・改善していきます。
49.
デジタルキャンペーンの進行プロセスは「プロジェクトの方向づけ」「ブランド体験デザイン」「実行と改善」の3つのフェーズに分かれます。 重要なのは、進行に対する共通イメージをチーム全員で持つことです。 統合キャンペーンの場合は、ワンチームで、プロジェクトの目的設定をしてキャンペーンテーマを決めたら、 そこから別チームに分かれて、独立してプロセスを進めるのがベストです。
50.
デジタルキャンペーンに必要とされるチーム体制は、メディア中心キャンペーンで必要とされるチーム体制とはまったく異なります。デジタルキャンペーンをリードするためには、メディア中心キャンペーンを前提としたチーム体制を一度壊して、新たに理想的なチーム体制を定義しなければいけません。一度ぶっ壊して、バラバラにして、再構築するのです。
51.
デジタルキャンペーンは新しい分野で、そのプロセスが既存の延長線上にはないため、これまでのやり方が通用しません。更に、縦横無尽に動くユーザーの立場に立ってブランド体験を考えることによって、必然的に、テクノロジーをベースとしたさまざまなプラットフォームの構築やそれぞれの連携が必要となるため、結果として、従来のメディア中心キャンペーンとは、二乗、三乗で複雑度が増し、失敗するリスクも同じだけ増えていきます。つまり、デジタルキャンペーンは、このように難易度が高く、プロジェクト・マネジメントの必要性が強い分野だと言えます。
  • Ja
  • En

DIGITAL CREATIVITY

Tomonori Murakami
Director, Frontage Solutions Headquarters

Vol. 11 Issues Revealed by Data and Team Organization

47.
Because data is always impartial, it allows us to reject subjective opinions. When we are not led by the views of the people with the loudest voices, not swayed by false and subjective opinions, it becomes easy to reach correct decisions and ensures the whole team has a united approach. Since the data clarifies the issue for everyone, opportunities more readily occur for people to suggest solutions. Everyone will have adopted the same position toward achieving the project objectives.
48.
Agile approaches use continuous improvements based on data to enhance effectiveness. The first step towards this is to implement Key Performance Indicators (KPI). With KPI, we can measure and create metrics for success that give a clear picture of whether or not user goals are being met. The scenario provides a test that leads us to the user goal. We hypothesize an action, and this produces an output. We can then verify and improve the process as required.
49.
We can divide the progress of a digital campaign into three phases: establishing the project direction, designing the user experience, and then implementation and continuous improvement. It is important that all members of the team share a common conception of the process. In the case of an integrated campaign, it is best if one team acts as the campaign team, responsible for determining project themes, and another independent team is set up to drive the process forward.
50.
The team organization necessary for a digital campaign is completely different than that required for a media-centered campaign. To lead a digital campaign, first you must dismantle any team structure you have set up for the purpose of a media-centered campaign, and then define a new, ideal team organization. You have to destroy everything, and reconstruct it completely.
51.
The digital campaign is a new field, the process is completely unlike existing ones and the methods you are accustomed to using until now will not work. Furthermore, looking at the brand experience by putting ourselves in the place of a freely acting user shows us that it is necessary to construct or link a number of technology based platforms. As a result, a digital campaign will be two or three times more complex than a conventional media-centered campaign, and the risk of failure will also be correspondingly greater. Digital campaigns are extremely complex and thus have a strong need for project management.

デジタルクリエイティビティ
Digital Creativity

Back To Top

00:00:00 JST

株式会社 フロンテッジ
〒105-0003
東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル

FRONTAGE INC.
Meisan Nishi-Shimbashi Bldg,
1-18-17, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo
Japan 105-0003

T. +81 3-3596-0300
F. +81 3-3596-0359

00:00:00 SGT

FRONTAGE ASIA PTE. LTD
42 Tras Street #02-01,
Singapore 078981

T. +65-6267-8876
F. +65-6267-8636