ISMS BASIC POLICY

情報セキュリティ方針

制定:2005年1月31日
改定:2013年4月 1日

株式会社フロンテッジは、広告をはじめとするコミュニケーションサービスをお客様に提供しております。このサービスを展開するにあたり、広告主をはじめ媒体社や協力会社等のお取引先から大切な情報資産をお預かりしています。情報資産に対して適切なセキュリティ対策を実施し、故意または偶然の脅威から情報資産を保護し、お客様の信頼を保持し、より良いサービスを提供していくことは、当社にとって重要な責務であると認識しております。そのためには、物理的、技術的なセキュリティ強化はもちろんのこと、すべての役員及び社員が情報セキュリティマネジメントシステムに対して高い意識をもち、セキュリティを尊重した行動をとることが最も重要と考えます。
当社の管理下にある全ての情報資産の適切なセキュリティ対策を実施するため、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、ここに「情報セキュリティ方針」を定め、順守いたします。

1.
当社は、情報セキュリティに関する全社統轄組織として、社内に「情報セキュリティ委員会」を設置し、事業活動に関わる全ての情報資産の適切な管理に努めます。
2.
当社は、情報セキュリティを確保するために、当社の保有する情報資産の管理及び運用に関する「情報セキュリティマネジメントマニュアル」をはじめとする情報セキュリティ文書を定め、すべての役員及び社員はこれを順守します。
3.
当社は、情報セキュリティの確保に必要な教育・訓練を継続的に行います。
4.
当社は、適切な人的・組織的・技術的施策を講じ、情報資産の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等のリスクの未然防止に努めます。
5.
当社は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限にとどめるよう努めます。
6.
当社は、情報セキュリティに関する各種運用の状況等について定期的に内部監査を実施し、必要に応じた適切な是正措置を講じることにより、情報セキュリティの確保に努めます。
7.
当社は、情報セキュリティに関係する法的又は規制要求事項を順守します。
8.
当社は、以上の活動を維持し、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的改善に努めます。

株式会社 フロンテッジ
代表取締役社長
岡田 徹

Information Security Policy

Enacted: January 31, 2005
Revised: April 1,2013

FRONTAGE INC. provides creative advertising work and various communication services to its customers. In the course of conducting its business it handles important information assets for clients, media companies, suppliers, and other business partners. In so doing, it recognizes that it has an important duty to implement appropriate measures to ensure the security of the information assets it handles, to protect information assets from both intentional and accidental threat, and to ensure it provides customers with reliable, high quality services. This requires all Frontage executive officers and staff members to place a priority on and demonstrate an awareness of the Security Management System and act accordingly, in addition to enhancing physical and technical security systems. To implement appropriate security measures for all information assets that Frontage manages, FRONTAGE set out its Information Security Management System, and established the "Information Security Policy". All corporate executives and staff members adhere to this policy.

1.
FRONTAGE set up the "Information Security Committee" within the company to act as an umbrella organization for information security, to take the appropriate action to manage all information assets linked to the company's business activities.
2.
To ensure information security, FRONTAGE prepared an "Information Security Management Manual" that sets out guidelines for the management and handling by FRONTAGE of information assets and other security documents. All executive officers and staff are obliged to comply with these guidelines.
3.
FRONTAGE will continuously provide the education and training to adhere to information security measures.
4.
FRONTAGE will implement the appropriate manpower, systems, and technical measures to prevent information assets from being accessed in an unauthorized manner, or being lost, damaged, altered, or leaked, etc.
5.
In case that a problem with the handling of information assets should arise, FRONTAGE will immediately determine the cause and endeavor to minimize the damage.
6.
FRONTAGE regularly conducts internal audits to determine the operational status of information security, and acting on its findings, takes the necessary and appropriate measures to ensure information security.
7.
FRONTAGE complies with all laws and regulatory requirements on information security.
8.
FRONTAGE maintains the aforementioned activities, and endeavors to improve and enhance the information security management system.

Toru Okada
President & Representative Director
FRONTAGE INC.

Back To Top

00:00:00 JST

株式会社 フロンテッジ
〒105-0003
東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル

FRONTAGE INC.
Meisan Nishi-Shimbashi Bldg,
1-18-17, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo
Japan 105-0003

T. +81 3-3596-0300
F. +81 3-3596-0359

00:00:00 SGT

FRONTAGE ASIA PTE. LTD
42 Tras Street #02-01,
Singapore 078981

T. +65-6267-8876
F. +65-6267-8636