Prev
Next
i8 1

/

/

i8 2

/

i8 3

/

i8 4

/

i8 5

/

i8 6

/

i8 7

/

i8 8

/

画像

/

TITLE

BMW i8

CASE

広告表現を設計する上で、まず、何を伝えるのかを絞り込む。 この時、対象となるプロダクトの持つ、価値や、ユーザーベネフィットや、 パフォーマンスが、たいていの場合、見えにくい。
だから、 理解しやすくなるような見せ方や、共感を呼び起こすような言葉を開発する。 しかし、もし、そのプロダクトの持つ性能やベネフィットが、一目瞭然であるならば、 表現は、逆に無粋になる。 見ればわかる、みなまで言うな、の心境である。
BMW i8は、その姿が、全てを物語っており、だから、あえて、ありのままを提示することで、 より強く伝わると判断した。

CASE

When planning a commercial we start by defining the message to be conveyed. We want to convey the product’s value, its benefit to the user, its performance. Normally, these qualities are not immediately obvious, so we craft the message to make them easy to grasp, to elicit a favorable response.
But with a product of instantly apparent performance and quality, explaining what is obvious would be a clumsy and ineffective approach, even irritating to the already convinced viewer.
The BMW i8 is such a product. Its form tells the whole story. So we decided that the most powerful tactic would be to simply let the car speak for itself.

CREDIT

ECD:田中 英生
CD:篠田 徹
AD:藤森 潤司
CW:淺井 勇樹
AE:丸木 理恵 / クリスティアン・バーロイター

CREDIT

ECD:Hideo Tanaka
CD:Toru Shinoda
AD:Junji Fujimori
CW:Yuki Asai
AE:Rie Maruki / Christian Bareuther

CLIENT

BMW Japan Corp.

YEAR

2014

TAG

GRAPHIC , TVCM

WORK

View All WORK

株式会社LIXIL

LIXIL 快適暮らし体験 住まいStudio

lixil_thumb

信濃毎日新聞社

家族のはなし2017

170921_shinano_thumb

DAIWABO INFORMATION SYSTEM CO.,LTD

Cisco Start シリーズ プロモーションサイト

01s

Back To Top