Prev
Next

Bosch1

/

Bosch2

/

Bosch3

/

Bosch4

/

Bosch5

/

Bosch6

/

Bosch7

/

Bosch8

/

Bosch9

/

Bosch10

/

TITLE

café 1886 at Bosch

CASE

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニー。世界の約150カ国で事業を展開し、コーポレートスローガン である「Invented for life」のもと、人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出し続けるグローバル企業です。日本におけるボッシュ自体の認知向上と、ブランド情報の発信を図ることが、今回の課題でした。

特にコアターゲットとして捉えていた若年層に対して、マスによるストレートな情報発信だけでは興味を持ってもらえないのではないかという懸念材料も踏まえ、カフェとショールームが一緒になったブランドコミュニケーションスペースの開発というオーダーを前提に、若年層に興味を抱いていただける接触機会の創出、ブランド情報の発信と体験ができる場づくり、そして何より高い技術で"モノづくり"に取り組んできたボッシュの歴史や理念を体現すべく、その開発とコミュニケーション活動全般のサポートを手掛けました。

このコミュニケーションスペースは空間全体の設計から、カフェのコンテンツ、メニュー開発、ユニフォームやロゴ制作など、ボッシュのモノづくりの理念に基づき多くのクリエーターたちともコラボレーション。わざわざ来ていただけるような話題性に溢れた魅力あるカフェづくりを心掛けました。そうすることで、今までボッシュと接したことがなかった若い人たちに、カフェをきっかけにボッシュを知ってもらう、そしてショールームでボッシュの最新技術に触れてもらう、そんなボッシュと人々をつなげる新しい場の提供を実現しています。

このカフェとショールームのオープンと同時に、コンスーマーに向けたデジタルとPRでのコミュニケーションも強化。ボッシュ・グループとして世界初の試みとなる本社ビルへのカフェ併設というニュースは、メディアや口コミを通して広く拡散し、ボッシュの認知向上に貢献。カフェへの来店も促進できたことでブランド体験にも結びついています。
今後もこのスペースを中心にブランド情報の発信が展開されていきます。

CASE

The Bosch Group is a global enterprise supplying innovative technology and services worldwide through operations in about 150 countries under its corporate slogan "Invented for life. Our goal was to raise awareness of Bosch and to publicize the brand in Japan.

Bosch sees the youth segment as a core target, but research suggested that straight communications via mass media alone were not enough to excite interest among this target. We were tasked to develop a brand communication space, a combination of cafe and showroom designed to attract and engage the youth segment. Our goal was to create a space where visitors could engage with and learn about the brand, a space that would embody the history and ideals behind Bosch manufacturing and the excellence of its technology. Our responsibilities included developing this space and supporting the subsequent communications activities.

We designed the communication space from the ground up, collaborating with a selection of creators chosen for their affinity with the Bosch ideals of manufacturing. Everything was designed and produced from scratch, from the cafe interior to the menus, staff uniforms and even logos. We wanted not only to attract our targets, but to give them an experience they would go away and talk about to their friends. The aim of the cafe was to draw in young people who knew nothing of Bosch, give them a feel for the company and arouse their interest in investigating the showroom side, where they could experience the latest Bosch technology. Simultaneously with the opening of the cafe and showroom, we intensified our consumer-oriented digital and PR communications for Bosch.

This was the first time any Bosch Group company had experimented with incorporating a cafe into its head office building, and it generated considerable publicity both in the media and through word of mouth, contributing greatly to improving recognition of the Bosch name in Japan.

CREDIT

CD: 大可剛
PL/PR: 岡里泰之
PL: 森田共美/ 守田佑子
DP: 鈴木一志/ 土肥征爾
AD: 藤谷けい
CW: 中村浩三/ 鎌谷友大
CP: 鈴木哲
AE: 峯村元雄/ 藤井まり子

CREDIT

CD: Tsuyoshi Ohka
PL/PR: Yasuyuki Okazato
PL: Tomomi Morita/ Yuko Morita
DP: Kazushi Suzuki/ Seiji Doi
AD: Kei Fujiya
CW: Kouzou Nakamura/ Tomohiro Kamaya
CP: Akira Suzuki
AE: Motoo Minemura/ Mariko Fujii

CLIENT

ボッシュ株式会社

YEAR

2015

TAG

OTHER , PROMOTION , WEB

WORK

View All WORK

Sogo & Seibu Co., Ltd.

西武・そごう Advanced Mode

Sony Enterprise Co.,Ltd.

Sony Aquarium 2016

SonyAquarium2016_index

信濃毎日新聞社

家族のはなし2016「信濃母日新聞」

shinano mother top

Back To Top